むくみの原因と解消する方法をご紹介します。生活習慣を改善する方法、ツボのマッサージ、むくみ解消グッズの使用など様々です。

利尿剤ラシックスで快適生活
  1. TOP
  2. むくみの引き金と解消法

むくみとは

むくみとは体内の循環が滞ってしまうことで水分がたまり、足や顔がパンパンにはれてしまう症状のことです。

むくみを解消するためには利尿剤の使用や、ツボやマッサージ、むくみ解消グッヅやアイテムを利用する方法があります。
ここでは服用後30分~1時間ほどで利尿効果あらわれる即効性の高いラシックス(利尿剤)や、足のむくみ解消に効果的なツボやアイテム、むくみの症状が出ないように事前に対策していく方法など、これらの気になる内容について詳しくご紹介します。

むくみの原因

むくみ むくみとは医学的に定義すると、「細胞と細胞の隙間に、多くの原因で間質液という水分が過剰に溜まった状態」のことを指します。

むくみの原因は様々ありますが、大きく分けると以下の通りです。

  • 塩分過多の食事
  • カリウム・マグネシウムのミネラル不足
  • カルシウムやビタミン不足
  • アルコール摂取、運動不足、腎機能の低下

むくみを解消する利尿剤ラシックス

足のむくみ

足のむくみ 身体の場所によっても原因やむくみの引き金が異なりますので、部位別に詳しくみてみましょう。足がむくむ原因は、3つ挙げられます。

まず筋力低下です。これは運動不足や老化現象により下肢、とくに腓腹筋(ふくらはぎ)の筋力のポンプ作用の効率が悪化するためです。

原因2つ目は、生活環境です。足は、重力により水分を心臓へ返す負担が最も大きいために、体の中で一番むくみやすい部位となりますが、一般的に長時間の立ち仕事に従事する人に下肢のむくみが多くみられるといわれます。またそれとは逆に長時間のデスクワーク仕事でも筋力が低下し、むくみが悪化することが分かっています。その他では不規則な睡眠環境や、ヒールが高いパンプスやエアコンによる下半身が冷える環境、人間関係や仕事によるストレスフルな環境などが、血流を悪化させ、水分の返りを悪くします。

原因3つ目は、筋肉疲労です。筋疲労を放置すると、どんどん腓腹筋のポンプ作用が弱まり、役割をちゃんと果たせなくなっていきます。その為、医療従事者や店頭販売員などで一日中立ち続けて何年も働くと、重力で足へ水分がたまるに加え、筋ポンプ作用も低下し、痛みまで出てくる方や、ついにはむくんだ状態のまま、足が太いままになっている方も多くいらっしゃいます。

顔のむくみ

顔のむくみ 顔についても、足と同様の冷え等の生活環境に加え、アルコール摂取で血管の水分処理が間に合わないことが挙げられます。顔のむくみは「たるみ」「しわ」といった症状につながります。手の場合は、他の部位と同様に冷え・血流障害が原因となります。

また、血行不良を起こす原因としては、上にあげた冷えに加え、ホルモンバランスの崩れ、過度な誤ったダイエットや身体を締め付けるような服装.、室内温度と外気温が極端に差がある場所の行き来や仕事による自律神経の乱れなどがあります。

むくみのメカニズム

むくみのメカニズム

人体に存在する水分の割合は60%で、その2/3が細胞内に存在し、1/3が細胞外に存在しています。そして、この細胞外の80%の水分が間質液、20%が血漿成分とリンパ液等が占めていて、ある程度どの場所にこれ位という水分の分布が決まっています。 しかし、塩分の取り過ぎ等で電解質のバランスが崩れると、細胞の水分透過性が変化し、更に細胞間に水分が出てしまうため、むくみが発生するわけです。

肥満とは

肥満 肥満とは、正常な状態と比べ体重が多い状態、体脂肪が過剰な状態を指します。肥満になるのは、摂取したエネルギーを消費しきれないことが原因であり、この消費しきれなかったエネルギーを脂肪としてため込んでしまうことを俗に「太る」と言います。
つまり、どれだけ沢山のエネルギーを摂取していても、運動などで全て消費していれば太ることはありません。

ちなみに日本人の場合、BMIの数値が25kg/㎡以上だと肥満と定義されており、この数値を超えると、脂質異常症、高血圧、糖尿病等の合併症頻度がぐんと上がるという統計が出ています。世界的にはWHO(世界保健機関)が、BMIの数値が35kg/㎡以上を肥満の数値と定義づけています。

BMI = 体重kg ÷ (身長m × 身長m)
身長160cm で 体重50kg の場合は 50 ÷ (1.6 × 1.6) = BMI:19.53

理想のBMIは「22」で22に近いほど病気になりにくい健康的な身体とされています。

むくみと肥満の違い

上述した通り、むくみ(浮腫)は水分が多い状態、肥満は体脂肪の割合が高くなっている状態です。
つまり、体内の水分と体脂肪とで異なるため、直接的には全く別物です。
しかし、むくみが発生すると太りやすくなるという、間接的な関係があります。

むくみが原因でこんなことが…

むくみが原因でこんなことが…

仕事が終わって帰宅して座った時にあれって思ったことはありませんか? 一番よく起こる症状が足がパンパンでだるく重く、むくみで膨らんでしまうことですよね。他にもむくみが原因で起こることはあります。下記に綴ってみました。

足のむくみからくる痛み
成人女性の多くが足のむくみの症状を体験していると思います。
足の甲あたりが膨らんでしまい、ひどいと歩くときに痛みも伴うことがあります。

顔がパンパンで人前に出たくない
むくみによって普段より顔が膨らんでしまうことがあります。
女性であればわかると思いますが、パンパンにむくんだ顔で仕事など人前にはあまり出たくはありませんよね。

足がパンパンでスカートなどの服装が選べない
顔もそうですが、むくみによって足がパンパンに張ってしまうと、足が太く見えてしまう気がし、太く見えないような服装を選ばなければいけない。と、気にしてしまうことがあるかもしれません。

靴が履けない
普段であれば履けていた靴やパンプスも、足のむくみの状態がひどいと入らないなんてこともごく当たり前に起こります。

指輪抜けない
こちらもよくあることですが、むくみで指が膨らんでしまい、はめている指輪が抜けなくなって困ったなんでこともありえます。

体重の増加
体内の水分が排出できないことでむくみの症状が起こるため、当然ですがその分体重も増加してしまいます。

精神的にネガティブになる
むくみは日常生活にとってマイナスに作用することはありますがプラスには働いてくれないため、むくんでいるから外出したくないとか、人前に出たくないとか、むくみのない生活と比べると精神的にネガティブになりやすいでしょう。

これらのことからむくみは身体的変化だけではなく、精神的にも影響を与えてきます。

むくみの解消法

むくみの原因が分かったら、次は対策です。ここでは様々なむくみを解消する方法を順にご紹介します。
生活習慣によるむくみ対策、むくみに効くツボ押し・マッサージ、便利グッズを利用する方法、利尿剤を利用してむくみを解消する方法など、対策は様々です。
ご自身に合った方法を選択し、もしも効果が無ければ色々と試してみるとよいでしょう。

モデルも愛用する利尿剤ラシックスで簡単にむくみを解消する方法
ラシックスの体験談

むくみ解消に効果的なツボとマッサージ

顔のむくみがひどいとメイクをする気も失せてしまい、目の腫れを隠すのは至難の業です。そんな朝の応急処置としておすすめなのは、簡単ツボ押しです。眉頭の内側のへこみに親指をあてて、上に向かって3秒づつ3回押します。次は、目頭の下のへこみに中指をあてて、今度は下に向かって3秒づつ3回押します。眼球に触らないことと、目の周りの皮膚は薄いので擦らないよう注意してやってみてください。

また、足のむくみ解消には下記の5つのツボが最も効果のあるツボです。
体が温まった状態で行うことでより効果が得られるので、お風呂あがり等にマッサージを取り入れると良いと思います。

湧泉(ゆうせん):疲労回復、万能のツボ

土踏まずの少し上あたりにあり、足の指を曲げたときにへこむ場所が湧泉と呼ばれるツボです。
ツボを押さえるときは床に足を延ばしたり縮めたりを1,2分繰り返していくことで効果が見られます。
万能のツボともいわれていて、体全体のむくみをとることに効果的です。

太谿(たいけい):冷え、むくみ撃退のツボ

アキレス腱と内くるぶしの間にある少しくぼんでいる場所が太谿と呼ばれるツボです。
刺激をすることによって、代謝を高め足首を細し、むくみの改善を行うことができます。

解谿(かいけい):胃腸不調の改善をするツボ

足の甲を上げた時にできる筋の間にできるへこみのある場所が解谿と呼ばれるツボです。
刺激をすることによって、血行が促進され末端まで血液が流れるためむくみの改善を行うことができます。

無名穴(むめいけつ):血行をよくするツボ

太ももの内側の中央部分にあるといわれていますが、人によってばしょが違います。
なので自分で実際に中央部分を押してみて痛いなと思った場所が無名穴と呼ばれるツボです。
体全体の血行が良くなるので代謝が上がり、下半身にたまった血液や水分等も流れます。
それによって足のむくみを解消するといわれています。

委中(いちゅう):肩こり、頭痛、むくみに効果があるツボ

両膝の裏側の真ん中、膝を負けた時にできるしわのへこんでいる場所が委中と呼ばれるツボです。
足のむくみにとても効果があり、そのほかにも肩こり頭痛などにもいいといわれています。

便利なむくみ解消アイテム

むくみを解消するための様々なグッズ・アイテムがあるのをあなたはご存知ですか?ここではそんなむくみに悩む女性の味方「むくみ解消アイテム」をご紹介していきます。
ここで紹介するもののほとんどは足をケアするものですが、足は第二の心臓とも呼ばれるほど大切な身体の一部です。
食事や冷え対策とともに、これらの便利なケアグッズを使い、万全なむくみ対策をしてみてはいかがでしょうか。

ペディキュアパッド

ペディキュアパッド ペディキュアパッドは、空の旅を快適にしてくれるCAさんも愛用しています。これは、足指を広げて、足の爪にペディキュアを塗りやすくするパットなんですが、夜寝るときに使用すると解放感があり、足がリラックスするそうです。更に自宅ではめて歩くと、ふくらはぎの筋肉が動き、足のポンプ機能をアップできるそう。

5本指ソックス

5本指ソックス 5本指ソックスは、ペディキュアパットと原理は同じです。それぞれの足指を自由に動かせるので、解放感があり、足の筋肉を動かせるので血行促進効果、および冷えづらい効果もあるというすぐれものの靴下です。口コミも多く、驚きのむくみ効果が期待できるそうです。

着圧ストッキングや着圧ソックス

着圧ストッキング 着圧ストッキングや着圧ソックスは、どこでも売っていますし、ドラッグストアで手軽に買えるので便利です。これを仕事中に履いていると、家に帰ってきてから脱いだ時の爽快感が違います。セルライトの予防にも効果的です。更には圧の段階や薄さ、就寝中に使用できるタイプまで色々あり、使い分けることができるのも嬉しい特徴です。

足用の温感シート

足用の温感シート 足用の温感シートは、冷えを撃退してくれます。他にも竹樹液エキスを染み込ませた足裏シートなど、足裏シートは多くの種類がでているので、試してみる価値はありそうです。

青竹踏みや、足つぼマッサージ器

足つぼマッサージ器 昔ながらの青竹踏みや、足つぼマッサージ器による足裏経絡マッサージは、足のコリを解消しつつ、血行促進効果もあり、入浴後に使用するとより効果を発揮できるでしょう。経穴というツボは内臓にも通じているといわれますから、単純な下肢の水分を返すという作用にとどまらず、不調が生じているところの健康増進にもつながる素晴らしい器具です。

足リンパマッサージ器

足リンパマッサージ器 足リンパマッサージ器は、足先からふくらはぎまでまたは、大腿までをマッサージできるブーツ型のマッサージ器で、様々な会社から販売されています。病院でも手術後の下肢深部静脈血栓症を防ぐために使われるものも出ている程です。

ホット&クールマスク

温タオル 顔全体にはホット&クールマスクがおすすめです。温めたタオルを3分から5程顔にのせます。次は冷たいタオルに交換し1分程のせます。温と冷のタオルを交互にのせることで、血管が拡がったり、縮んだりを繰り返し、血行が良くなり、顔に溜まった余分な水分が流れやすくなります。

タオルは熱すぎないお湯で温めるか、濡らしたタオルをラップで包み、30秒~1分位レンジで温めれば簡単です。熱くなるので火傷しないように注意しましょう。毛穴も開いて余分な皮脂や角質も取れやすくなるのでクレンジング効果も期待できます。

利尿作用のある食品でむくみ解消

根本的なむくみ取りには食べ物も重要です。体内のナトリウム、つまり塩分量が増えると体はの塩分を薄めようと水分確保にむかいます。その結果、水分の排出が抑えられ、留まった水分によりむくみがでてしまうのです。

利尿作用のある食品を意識して摂ることも対策の一つです。トマトやきゅうり、なすなどのカリウムの多く含まれてる野菜はナトリウムの排出を促してくれるので、意識して食べましょう。ただし、これらの野菜は水分量も多く体を冷やしてしまうことがあるので、火を入れてから食べることをおすすめします。冷え症や運動不足もむくみの要因なので、生活習慣を見直すことも大切になります。

利尿作用の高い食べ物 利尿作用の高い飲み物

利尿剤で簡単にむくみ解消

簡単にむくみを解消したい場合は、利尿剤・利尿薬の利用がおすすめです。利尿剤にはラシックスアルダクトンの2種類があり、それぞれで効果が少し異なります。
また、服用すると強烈な尿意をもよおしますので、いつでもトイレに行ける環境で服用するよう気を付けましょう。

利尿剤ラシックス

ラシックスはモデルや芸能人にも愛用者が多数いる利尿剤です。このラシックスを服用することにより、服用後30分~1時間ほどで利尿効果があらわれ簡単にむくみを解消することが可能です。
ラシックスは腎臓の尿細管に働きかけ、尿量を増やし体内の余分な水分を体外に排出します。高血圧症や腎性浮腫などの治療にも用いられているループ利尿薬です。

むくみ取り目的での使用方法は、40mgから80mgを1日1回連日もしくは隔日で服用します。慢性的にむくみがある場合は、病気のサインの可能性がありますので注意が必要です。気になる場合は、早めに医師の診断を受けましょう。

利尿剤ラシックスの効果・効能

人によっては、また長年むくみに苦しむ人にとっては、これらのうち一つだけではむくみからの脱出はできないかもしれません。続けられる方法こそが血流障害の改善およびむくみの改善には不可欠ですので、とにかく試して、長続きしやすい方法を見つけてみてください。

むくみがなくなると

むくみの解消方法について書き綴ってきましたが、むくみがなくなるだけでほとんどの人は体重が2、3キロ減少します。

むくみがなくなることでダイエット効果があるだけでなく、足のむくみで履けなかったお気に入りの靴が履けるようになったり、顔のむくみで人に見られたくないから外に出ないなんてことも解消できるかもしれません。

生活習慣を改善し、むくみにくい生活を心がけていてもふと油断してしまう場合が出てくると思います。そんなときには、ご紹介したなかでご自身にあったむくみ解消方法を試してみてください。

私はいろいろ試してきましたが、最終的にたどり着いたラシックスを使用したむくみ改善方法が一番効率的で自分に合っていると感じました。利尿剤があうあわないはありますが、迷われているようでしたらラシックスを一度試してみるのも良いかもしれません。

▼▼▼  こちらの記事もおすすめです  ▼▼▼

利尿剤ラシックス 利尿剤アルダクトン

▲このページの先頭へ