ルプラック(トラセミド)はループ利尿薬です。強い利尿効果をもち低カリウム血症をひき起こしづらいです。利尿剤ラシックスとの違いも含めてご紹介します。

利尿剤ラシックスで快適生活
オススメの記事
利尿剤ラシックス
モデルも愛用する利尿剤ラシックス
芸能人やモデルにも愛用者がいる医薬品で、むくみ解消の効果は折り紙つきです。
利尿剤アルダクトン
カリウム保持性利尿薬アルダクトン
カリウムを保持したままむくみを解消!ひどくなったニキビ治療にも効果あり!
利尿剤ルプラック
ループ利尿薬のなかでも強力な利尿剤ルプラック
強力な利尿効果を持ちながらカリウム血症になりづらい!
利尿作用に効果のあるツボ・マッサージ
利尿作用に効果のあるツボやマッサージ
むくみに効果があるツボやマッサージ!そして便利なむくみ解消アイテムをご紹介!
顔のむくみの原因を徹底検証
顔のむくみの原因を徹底検証
むくみについて誰もが知っている原因から、こんなことまでが原因に!?
足のむくみの解消法
足のむくみの解消法とは?
足のむくみ解消法の種類や効果、費用などを比較解説してます。
利尿作用の高い食べ物・飲み物
利尿作用の高い食べ物・飲み物
食べ物や飲み物から利尿作用を高めてむくみを解消しましょう!
利尿剤ラシックス

利尿剤アルダクトン

利尿剤ルプラック

その他メニュー
ラシックスの通販はお薬なび
  1. TOP
  2. ルプラック(トラセミド)とは

ルプラック(トラセミド)とは

ルプラックとはループ利尿薬に分類される利尿剤です。有効成分トラセミドが作用し尿を排出する量を増やし体内の水分を減らすことでむくみを解消する効果があります。ループ利尿剤の中では低カリウム血症を引き起こしづらい医薬品です。

ルプラックはおもに心不全・腎不全・肝不全が原因となっておこってしまった浮腫(むくみ)の症状を解消するための利尿剤としてよく使用されています。

ルプラック

ルプラックの効果・効能

ルプラックの効果は排出する尿の量をふやすことです。

排出する尿の量をふやすことで体内の水分量を減らします。簡単に説明をしますと、一日中座り仕事で足にむくみができてしまったとします。このむくみは体内の余分な水分が排出できずにたまってしまっていることでおこるのですが、このようなむくみの症状は水分を排出することで改善されていきます。ルプラックはこのようにむくみの改善に効果があります。

一般的には心不全や腎不全や肝不全といった病気その際に服用している薬などが原因でおこってしまう(心性・腎性・肝性)浮腫といったむくみの治療や改善に効果があり利用されています。

ルプラックの特徴

ルプラックの特徴 利尿薬は『ループ利尿薬』や『カリウム保持性』や『チアジド系』や『浸透圧性』などに分類されています。ルプラックはラシックスと同じループ利尿薬に分類されています。

ループ利尿薬は尿細管にあるヘンレループという器官に働きかけることで利尿作用をうながす薬となっていて、分類されている利尿薬のなかでもとても強い利尿作用が得られるのが特徴です。また、ルプラックは効果の持続時間が他のループ利尿薬と比較すると長く、腎機能を悪化させにくい特徴も持っています。
利尿効果は高いですが、血圧をさげる降圧効果はそれほど高くはなくマイルドに作用します。

ループ利尿薬は副作用として尿と一緒にカリウムを排出してしまうことで低カリウム血症を引き起こしてしまうことがあります。しかし、ルプラックはその中でもカリウムを尿と一緒に排出しにくくする抗アルドステロンが作用することで低カリウム血症を起こしづらいという特徴があります。

低カリウム血症とは?

低カリウム血症は体内のカリウムの濃度が低下している状態のことです。
カリウムは人間の体内において心臓や筋肉の収縮といった機能の調整をしたり、細胞内液の浸透圧の調整をする役割があります。

カリウムが欠乏すると筋肉や消化官(消化管とは口から物を食べたときに通る筋道)、神経系や腎臓に影響を受けやすくなってしまいます。この影響を受けることによってからだに症状があらわれることがあります。

症状としては

消化官にあらわれる症状
  • 腹痛
  • 嘔吐や吐き気
  • 便秘
筋肉にあらわれる症状
  • 筋力低下
  • 筋肉痛
  • 脱力感
  • けいれん
  • 不整脈
腎臓にあらわれる症状
  • 多飲や多尿
  • 弊害として尿の濃縮力障害
  • 弊害として腎盂腎炎(じんうじんえん)

などの症状があらわれる可能性があります。

このように何らかが原因によりにカリウムの濃度が低下することにより低カリウム血症を起こしてしまうことがあります。
ルプラックはループ利尿薬のなかで低カリウム血症を引き起こしづらい特徴を持っているので、上記のような症状を引き起こしづらい利尿剤ということになります。

有効成分トラセミド

有効成分トラセミドは利尿薬ルプラックの主成分となります。

人間の血管のなかには血液がながれています。血液の量が多いと血液をおおっている血管にあたえる圧力も強くなってしまいます。これが血圧が高い状態になります。

血圧をさげるためには血管内の血液の量を減らすことで血管にかかる圧力を弱めることです。血液はほとんど水分で形成されているため、余分な水分を減らすことで血液の量を減らすことができ血圧を下げることにつながります。

腎臓で尿は生成されるのですが、生成されるときに必要な栄養分はふたたび血液に戻していく再吸収が行われます。このような流れで尿の中に老廃物がたまっていきます。
トラセミドは水分の再吸収に必要なヘンレループの働きを阻害する作用があり、結果、尿として排泄する量を増やします。

このようにトラセミドは体内の水分を尿として排泄する量をふやし、結果的に体内の血液量を減らしてむくみを改善させるという効果をつくります。

ルプラックの服用方法

ルプラックの服用方法 利尿剤ルプラックの飲み方ですが、成人は通常1日に5mg~10mgを水、またはぬるま湯で服用します。年齢や症状によって量は調整することがあります。

飲み忘れてしまった場合はなるべく早く飲みことが望ましいです。もし飲み忘れに気づいたときが次回の服用時に近かった場合は飲み忘れ分は飲まないようにしましょう。2回分を一緒に飲むことは危険ですので行わないようにしましょう。

ルプラックの副作用と注意点

ルプラックの副作用

ルプラックの副作用ですが、以下となります。

  • 利尿作用による脱水症状やのどの渇き
  • 血圧の低下によるめまいや脱力感
  • 筋力の低下
  • 頭痛
  • 動悸やふらつき、だるさ
  • 便秘や吐き気

上記の副作用が起こることがあります。

まれに重度の副作用として

  • 肝機能障害や血小板の減少
  • 低カリウム血症や高カリウム血症

上記の症状が現れる場合がありますので、少しでもおかしいと思ったり気になったときは医師の診断を受けることをおすすめします。

ルプラックの注意点

尿が出ない人や、服用する前から「カリウム」や「ナトリウム」が少ないかた、過去にルプラックを服用していてアレルギー反応をおこしたことのある方は服用することができません。

飲み合わせで「降圧剤」や「ノルアドレナリン」や「ツボクラリン」、「抗生物質」など服用している方は注意しなければならないため、医師に相談することをおすすめします

ルプラックを通販で購入する方法

ルプラックを通販で購入 ルプラックの購入方法ですが、処方箋薬であるため薬局やドラッグストアで購入することはできません。一般的に薬を手にするためには病院へ行き医師の診断を受けて処方箋をだしてもらう必要があります。ただし個人輸入の通販サイトであれば処方箋がなくても購入ができます。

通販で購入する方法は個人輸入の代行者が運営している海外医薬品の通販サイトを利用して注文するだけでできます。この方法であれば病院に行く手間や時間もかからずにインターネットの接続できる機器(スマートフォンやパソコンやタブレット)から24時間いつでも注文ができます

通販で購入するメリットは、病院に行かなくても購入ができることですが、病院に行かなくていいということは診察代もかからないという事です。当然ですがそのぶん経済的にお得になってきます。
ほかにもルプラックを使用したいと考えている人のなかには誰にも見つからずにひっそりと試したいと思っているかたもいるのではないでしょうか?そのような場合にも通販は便宜が良いですよ。

海外からの発送となるため注文してから到着するまでにはおおよそ10日前後かかりますが、まとめて購入すると1錠あたりの価格がさらにお得なお値段で購入することもできますので、利用の仕方によっては良いとこ尽くしかもしれないですね。

ルプラックのジェネリックについて

ルプラックにはジェネリックがあります。ルプラック・ジェネリックは(トラセミド)は先発薬のルプラックの主成分となるトラセミドを使用してつくられているためむくみ改善の効果や利尿作用、そして副作用などはほとんど同じになります。ジェネリック薬であるので先発薬とくらべると1錠あたりの金額がおおよそ3分の1ほどで購入できるため大変お得になります。

海外医薬品なため日本国内で購入はできませんが、上記『ルプラックを通販で購入する方法』で記述しました『個人輸入の通販サイト』で簡単に購入ができます。
ジェネリックに対して抵抗がないかたにとってはとても経済的ですよね。利尿剤を頻繁に利用する方には先発薬よりもルプラック・ジェネリックの方がおすすめになります。

ルプラックとラシックスの違い

ルプラックとラシックスの違い ルプラックとラシックスの違いについてですが、2つ利尿剤は同じループ利尿薬に分類されています。利尿作用についてはどちらも強い利尿効果も持っています。

では、2つの利尿剤の違いや比較はどのようになっているのでしょうか?
下記の表にまとめてみました。

薬名 ルプラック ラシックス
利尿薬の分類 ループ利尿薬 ループ利尿薬
有効成分 トラセミド フロセミド
利尿効果 ルプラックの利尿作用の効果はラシックスの10倍から30倍ほどあり、ルプラック4mgとラシックスの20mgが同じくらいの効果の強さとなります。
即効性 約30分~60分 約20分~30分
持続時間 約8時間 約6時間
特徴 利尿作用が非常に高く、低カリウム血症を引き起こしづらい 即効性や利尿効果が高く、降圧効果に優れている
価格 5mg、10mg1錠あたり約20円前後 40mg1錠あたり13円前後

2つとも同じループ利尿薬ですが有効成分異なる薬であるため、特徴や効果についても異なる部分があります。
ルプラック4mgの利尿作用の効果はラシックスの20mgとがほぼおなじくらいの強さとなります。どちらも強い利尿効果を持っていますが、ルプラックのほうがより強い利尿作用をもっているということになります。

ラシックスは即効性が良く降圧効果に優れています。高血圧で降圧効果を期待する人にはラシックスがむいています。

ルプラックはラシックスほど降圧効果は高くはありません。効果の持続時間はルプラックのほうが長時間持続します。(※ラシックスも1日2回服用することでまかなうことができます。)『ルプラックの特徴』でも書きましたが、ラシックスにはない特徴で抗アルドステロン作用があるためルプラックは低カリウム血症になりづらいです

ラシックスとカリウム保持性利尿薬であるアルダクトンを併用することでカリウムのバランスを保ち、カリウム血症をおさえながら利尿効果をえることがありますが、ルプラックにも低カリウム血症になりづらい特徴があるためカリウムが不足している人にはルプラックのほうがむいているかもしれません。

このように互いに特化している特徴が異なるため使用用途によって異なってきます。

ルプラックの口コミ

利尿剤ルプラックを医師の診察・処方なしで自己服用した方の口コミをまとめてみました。

  • 体内の余分な水分が抜けていく感じ
  • どこにこんな水分があったのかというくらい体重はちゃんと減ります
  • むくみがとれてからだがすっきりします
  • 他の利尿剤より利尿作用を強く感じた

このように利尿作用を体感出来たという声から

  • ものすごくトイレが近くなるので平日には飲めない
  • トイレにすぐに行ける状況じゃないとこわいかも
  • 飲んだ日は確かに1~2kg体重が落ちます。ただ、飲まない日には体重がもどってしまう
  • 飲んだ後にクラッとしたことがあった

このように100%満足というわけではない声もあるようです。 口コミからも分かりますが、ルプラックは利尿剤なので効果があるうちは尿意をもよおすことがとても多いです。服用するときにはきちんとトイレに行ける状況を考えておかないとこわいかもしれません。

ルプラック(トラセミド)についてのまとめ

利尿剤ルプラック(トラセミド)についてこれまで書いてきましたが、ループ利尿薬としてとても強い利尿作用を持っていますのでむくみで悩んでいる人の解消や簡単にダイエットをしたいと考えている方には効果が絶大です。

同じ分類の利尿薬であるラシックスとの比較についても書きましたが、降圧効果は低めかもしれませんが、ラシックスの副作用であるカリウム低下になりづらい特徴と、なによりも利尿剤としてとてもつよい利尿作用があります。むくみがひどくて解消したいから強い利尿作用が欲しいのだけれどもカリウム不足気味な人にはとても向いている利尿剤だと思います。

手に入れるためには病院で処方してもらうことがもちろん最善なのですが、利尿剤は簡単に処方してもらえません。ですから、個人輸入の通販サイトの利用がとても有効的になります。通販サイトであればルプラックのジェネリックが1錠あたり約20円で購入することができますので、スポーツジムやヨガなどに通ってダイエットをすることにくらべたらだいぶ効率が良く、金額も安くすむと思いますので試してみる価値はあると思いますよ。

▼▼▼  こちらの記事もおすすめです  ▼▼▼

利尿剤ラシックス 利尿剤アルダクトン

▲このページの先頭へ