むくみと肥満、セルライトの関係をご紹介します。むくみは放置すると肥満やセルライトの生成に繋がるため要注意です。

利尿剤ラシックスで快適生活
  1. TOP
  2. むくみ・肥満・セルライトの関係

むくみ・肥満・セルライトの関係

ここでは、むくみと肥満の関連性についてご説明します。むくみとは体内に余分な水分が溜まった状態であり、肥満は体脂肪が過剰な状態を示すものです。
一見すると「水分」と「脂肪」で全く別物と思われがちですが、そこには密接な関係があります。特にむくみが原因で肥満になることもあるため、関係性をしっかりと学んでおきましょう。
また、女性の天敵「セルライト」も、むくみが原因で出来てしまうことがあるため注意が必要です。

むくみのメカニズム

むくみのメカニズム

人体に存在する水分の割合は60%で、その2/3が細胞内に存在し、1/3が細胞外に存在しています。そして、この細胞外の80%の水分が間質液、20%が血漿成分とリンパ液等が占めていて、ある程度どの場所にこれ位という水分の分布が決まっています。 しかし、塩分の取り過ぎ等で電解質のバランスが崩れると、細胞の水分透過性が変化し、更に細胞間に水分が出てしまうため、むくみが発生するわけです。

肥満とは

肥満 肥満とは、正常な状態と比べ体重が多い状態、体脂肪が過剰な状態を指します。肥満になるのは、摂取したエネルギーを消費しきれないことが原因であり、この消費しきれなかったエネルギーを脂肪としてため込んでしまうことを俗に「太る」と言います。
つまり、どれだけ沢山のエネルギーを摂取していても、運動などで全て消費していれば太ることはありません。

ちなみに日本人の場合、BMIの数値が25kg/㎡以上だと肥満と定義されており、この数値を超えると、脂質異常症、高血圧、糖尿病等の合併症頻度がぐんと上がるという統計が出ています。世界的にはWHO(世界保健機関)が、BMIの数値が35kg/㎡以上を肥満の数値と定義づけています。

BMI = 体重kg ÷ (身長m × 身長m)
身長160cm で 体重50kg の場合は 50 ÷ (1.6 × 1.6) = BMI:19.53

理想のBMIは「22」で22に近いほど病気になりにくい健康的な身体とされています。

むくみと肥満の違い

上述した通り、むくみ(浮腫)は水分が多い状態、肥満は体脂肪の割合が高くなっている状態です。
つまり、体内の水分と体脂肪とで異なるため、直接的には全く別物です。
しかし、むくみが発生すると太りやすくなるという、間接的な関係があります。

むくみを解消すれば痩せられる?

むくみ ダイエットを行う場合、理想の体重や体型を目指し運動や食事制限などを行うと思います。しかし、すぐにリバウンドしたり、食事量が多いわけではないのに痩せない、または体重は変わっていないのに三十路を超えたら太ってみえるといった方がいらっしゃいます。これらの多くは、むくみがダイエットを邪魔していることに気付いていないのが原因です。
では、どんなダイエットを行っても失敗してしまう人がいる一方、特別ダイエットをした訳ではないのに下記のような人もいます。

  • 3割ほど痩せて見える
  • リバウンドせずに体型をキープできる
  • しっかり食べても太らなくなる

ダイエットに失敗する人と、上記の人ではどんな違いがあるのでしょうか?
答えは、「むくみ」であり、ズバリ「血流」です。

むくみと肥満の関係

それではむくみと肥満にはどのような関係があるかご説明します。
以下の順に肥満体系へと発展していきます。

  • 食生活・運動不足などで血液ドロドロ
  • 血流悪化
  • 細胞の隙間に水分漏出
  • むくみ発生
  • 血流悪化に気付かず、そのままむくみ放置
  • 全身のむくみへ発展
  • 細胞に行きわたるはずの栄養が正常に運ばれず、隙間に溢れた水分と共に皮下脂肪や内臓脂肪へせっせと運ばれる
  • ぽっちゃりとした見た目へ

通常であれば血流にのって正しい場所に正しく運ばれ、消費されるはずの栄養が血液がドロドロなせいで正しく運ばれず、むくみの水分とともに押し流されてしまい、結果、消費されずに溜めってしまうのです。
では、どうすれば良いか?
簡単です。むくみを解消すればよいのです。

むくみを解消する方法
モデルも愛用する利尿剤ラシックスで簡単にむくみを解消する方法

むくみを放置すると、肥満体系になる以外にも、さらに恐ろしいことが発生する可能性があります。

むくみとセルライトの関係

セルライト 女性が最も嫌うものの一つ「セルライト」も、むくみが原因で出来てしまう可能性があるのです。
セルライトは一度出来てしまうと除去するのは非常に難しく、下手をすると一生もののコンプレックスになってしまう可能性もあります。
こうした大きな悩みに発展する前に、そうなる可能性を排除する必要があります。

セルライト発生のメカニズム

セルライトのメカニズム
  • むくみが発生
  • リンパ管や毛細血管が間質液で圧迫され、余分な水分と老廃物が排出されず溜まる
  • 溜まった水分と老廃物が「酸素・栄養素」の運搬を妨げる
  • 代謝を悪化させ脂肪細胞が燃えにくくなる
  • 溜まった水分や老廃物が脂肪細胞にこびりつく
  • 浮腫みを放置し悪化すると、5の老廃物がこびりついた脂肪細胞にコラーゲンがからみつき、もっと頑固な皮下脂肪合体ブロックを産生=立派なセルライトの完成へ
  • 肥大した脂肪塊やセルライトがリンパや毛細血管を圧迫し、更に老廃物を排出しづらくするという悪循環へ

上記の通り、「むくみ発生→ゴミが溜まる→脂肪にゴミが付く→ゴミが付いた脂肪により強固なゴミがつきセルライトになる→更にセルライトができやすくなる」という訳です。セルライトは通常の皮下脂肪とは異なり、燃焼しにくく、取り除くのは容易ではありません。また、一度セルライトが出来てしまうと、さらに出来やすくなるため、そのまま放置するとセルライトはどんどん大きくなってしまいます。

セルライトの対策

では、そんな頑固なセルライト、一度出来てしまうと大変ですので、セルライトが出来てしまう前になんとかする方法をみてみましょう。非常に単純明快です。「むくみ」のうちに撃退することです。要するに第一要因のむくみの状態で余分な老廃物が絡む前であれば、すぐに悪循環を断ち切ることができるのです。

そこで重要なのが、むくみの原因となる行動や血流障害を引き起こす生活環境の見直しが一番手っ取り早い予防策です。夏場のエアコンの中での冷え対策や、ウォーキング、ジムに通って筋トレもいいでしょう。また、毎日の入浴、ストレス発散の趣味に興じたり、陽の食材を摂るなど多くの対策法がありますので、色々と試してみましょう。

それでもむくみが無くならない、出来やすいという方はラシックス等の利尿剤を服用するなどして、むくみを解消してしまうとよいでしょう。

モデルも愛用する利尿剤ラシックスで簡単にむくみを解消する方法
ラシックスの体験談

▲このページの先頭へ